テーマ:カラダにとって重要なこと

健康と音楽

https://29842637.at.webry.info/201912/article_1.html 前々回の投稿で気と音楽について書かせていただいたが、今回もいろいろな楽曲でお示ししたい。 以前書いたような気がするが、正しい姿勢の時に充実するツボがいくつかある。逆に言うとあるツボを充実させると姿勢が整うのだ。 こんなこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右利きが自然だけれど

物理学的に右手が利き手になるのが自然である。人間は基本的に左側が原子の原子核、右側が電子のような存在である。左は火垂りであり、縦方向の支える立場であり、柱である。右は水極りであり、左に添い和すものであり、水が自由に形を変えることができるように自由自在に運動できる立場にある。 何度も書いているが、右足の親指の蹴り足を普通に利用できるのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エネルギーの法則

誰も書かないエネルギーの法則をちょっと書いてみましょう。 普通この物質界の力の有り様は当たり前ですが集約していく力と広がっていく力、そして、その状態を保とうとする力にわかれます。 われわれの命の存命には地球の重力がまず一番大切です。本当に丁度いい大きさなんです。大きすぎてもダメですし、小さくてもわれわれが住める大地たる役目を負えませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘酒

甘酒は飲む点滴だとかいって喜んで飲んでいるあなたに申す。大量にブドウ糖の入った飲料を毎日何回も飲んでいたらまず糖尿病になりますよ。砂糖の入っていないほうがなおよろしいと思っているあなた、酒粕による砂糖の入った甘酒をダメだと思っているあなた、ああ勘違い。まあ、白砂糖たっぷりもカラダによくないけど、ブドウ糖たっぷりはもっと危険ですから。米麹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷え性の原因のひとつ

現代の日本人はテレビや医者のウソ情報で減塩、減塩と思い込まされていますが、減らすべきなのは化学薬品たる塩化ナトリウム、つまり、食塩と呼ばれているものです。ですから、厚生労働省も食塩には副作用があると認めてきたわけです。ただ何故か急に「特別なものは知られていない」に変わってしまったみたいですが。 本来の粗塩なる、にがり入りの塩であれば今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ簡単にウソにだまされるのか

毎日毎日テレビや新聞はウソを垂れ流し、多くの人々は「あやま知」を真実と思い、そのあやま知を思考の判断材料とするため、またウソに騙される。そんな世界で洗脳されしものはウソの健康情報にも簡単にひっかかるのでしょう。今日も健康食品、薬、ワクチン等などに関するウソ情報が垂れ流されています。わたしが関わる鍼灸やマッサージ、整体などに関する分野でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よく”かぜ”をひく人たちへ

今まで何度も記しておりますが、風邪を治す本当の意味での風邪薬は存在しません。風邪薬といわれているものはただ風邪の症状を抑えるものであり、かえって風邪を悪化させたり、長引かせる場合がほとんどです。発熱するのは悪さをする菌やウィルスに対抗するため、打ち勝つためであり、鼻水やのどの炎症もしかりです。それなのに大事な戦闘要員を逆に抑えこんでしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医者の検査でなんともなくても・・・

 このごろよく心臓が痛くなるので心電図を撮ってもらう。しかし、結果異常なし。この頃だるくてだるくて仕方がないので血液検査をするが何の異常も見受けられない。こんな人が多いと思いますがひょっとしたら放射線被爆によるものかもしれません。  この私の住む東京都は福島原発の事故によって放散され沈下した放射能物質、つまりセシウム、ストロンチウム9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「短楽」と「大楽」

現代の医療は頭が、前頭葉が喜ぶだけの「短楽」的治療が主である。医療を受ける人々もそれを求めているからこそ医療という名の破壊行為が占領してしまったのだ。  あなたは甘いスイーツやアイスクリームが大好きであろうか。砂糖やブドウ糖・果糖・液糖を喜ぶのは脳であり、カラダは「ハラ」は大量の砂糖を嫌う。よく最近腸活というコトバを聞くがたとえ乳酸菌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性の骨密度

 女性は50歳を過ぎると急速に骨密度が低くなる傾向にあります。理由は閉経による女性ホルモンの減少が骨密度を低下させるわけです。  骨をスカスカにさせないために誰でもカルシウムをたくさん摂り入れようと思うでしょうがいくつかの問題点がありますので書いておきます。  カルシウムを摂り入れるために牛乳をたくさん飲まれているかたには悲しい情報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラダにとって物理学的力の方向性が大事

 以前にも書いていますがカラダの左右は見かけは同じようでもハタラキは違うのです。物質の基本である原子は中央の原子核と周りで動く電子で構成されていますが、我々の世界は神、つまり、火水という立ち昇る火のような下から支えるハタラキ、中心となるようなハタラキと方円の器にそうような水のハタラキでできあがっているのです。左は火垂りであり、右は水極り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ近頃骨折する人が増えたのか

 近頃骨折しやすい人が増えていると言う。そういう方たちは血液検査をすると高血糖である場合が多いらしい。以上のことから考えられるのは放射能、とくにストロンチウム90による健康被害であると帰着するしかない。ちなみにストロンチウム90がなぜ糖尿病を作り出すかといえばストロンチウム90がβ崩壊後イットリウム90になるのであるがこいつが膵臓で悪さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍵穴ツボ治療

 ひふみ治療院の最大の特徴といえる鍵穴ツボ治療についてお話しします。 人のカラダに不調をきたしますと必ずと言ってよいほど鍵穴的ツボが人体表面に生じるのです。このツボはみえるものにしかわからないものですし証明することもできませんがほんとうにあるとしか言えません。信じていただくより仕方ありません。前にも述べましたが中国でも元々は気の流れや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治療とはどうあるべきか

 治療とは自然治癒力なるハタラキに添い和し、手助けする行為であるべきであろう。しかし、現代の医療は自然治癒力に反するような行為、邪魔する行為が幅をきかせているのが現実である。  アメリカ、カナダに住むアーミッシュと呼ばれる近代文明を一切排除した昔の移民当時の生活のままで、厳格にそのスタイルを守っている集団がいらっしゃいます。この方たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気の流れの真実

 今までほとんどの人が知らない、いや日本でこの私しかわからないツボなどの秘密を明かしてきましたが今回は本当に大事なことをお教えしましょう。まあ、私のような無名な人間が何を言っても注目はされませんし、信じてはもらえないでしょうが。 以前手の指では中指からの生気が一番多く出ているとお伝えしましたが手を動かそうとすれば、腕を上げようとすれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流動する力、特に右足の大地を蹴る力が重要

 大地を蹴ることにより生じる上方への流動的力の流れる場所、そしてその場所の状態が人体の健康に大きな影響をもたらすことを知るべきである。例えばホースを流れる水のホースを力の通る道、水は流動的力とする。水が強く流れてもホースはムチのように動くので損傷しないし目的の場所に到達させることができる。しかし、ホースが全体的に脆かったり硬くなっていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋医学というコトバにだまされるな

 東洋医学の中の鍼灸は西洋医学と違って自然治癒力を向上させるなどと幻想をいだいている方がほとんどでしょう。よく鍼灸院のホームページに東洋医学は自然治癒力や免疫力を向上させるうんたらかんたらと書かれていますがそもそも自然治癒力を向上させるなど鍼灸ではできません。ただ、その邪魔をしている状態を改善するひとつの手段なのです。例えば道路に落ちて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ姿勢矯正、そして、重心重力線を重視するか

 たとえば重心がかかとの方にかかっているとしましょう。つまり、親指で踏ん張れない、蹴とばせないかたということです。そうなれば大事な第二の心臓といわれるふくらはぎの筋肉がしっかりと収縮できませんので静脈血が上りにくくなります。ひどくなれば心臓に負担がかかりますし、血圧が上昇してしまいます。冷え性にもなりやすいですし、ふくらはぎの細い血管は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツボの秘密

 人体にとって大切ないくつかのツボについて今まで何度か述べていますが、ツボは本来治療点として存在するわけではなく、人体の生命活動、運動動作に対していろいろな役目を負っているわけです。さて、今回は肩井穴についてお話ししましょう。肩井ですからこのツボから気がいづると考えるのが妥当ですよね。確かに気がいづるのですが左右の気の出方は違うのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左右はハタラ気が違う

 左右はハタラ気が全然違うということを知るべきです。左側は高気圧のように下に向かって押圧する力が基本であり、右側は低気圧のように上昇する力が基本なのです。訳もわからず他国の気功やヨガ等をやり自分の正しき気の流れをわざわざ狂わせている人たちが多いこと。いくらひどきことをされても体は一生懸命正そうとしますので簡単には崩れませんが、いい加減間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間違った陰陽五行説等を信じるな!

 鍼灸の世界では正しくない陰陽五行説を大事な宝物のように大切にし、それに則って治療を施したりする方々が大勢いらっしゃいますが、嫌われることを承知で言います。あんな間違った説に従うのはおよしなさいと。漢方の世界でもいまだに後漢の時代の傷寒論の方剤を後生大事に使い、まるでそれ以降方剤の進化がなかったのごとくなっております。まあ、それは置いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心のありようで気の見え方は変わる

 なぜインドのヨガをやる人々に観える内観の世界はチャクラと呼ばれるエネルギーの輪が主流であり、クンダリニーと呼ばれるヘビの力が大事にされるのか?中国ではなぜ奇経八脈や十二経絡という気の流れに注目し、仙道ではなぜ小周天、大周天といった気の流し方をするのか?なぜこのように国によって観える世界が変わるのか疑問に思ったことはありませんか?  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生成化育の気と共にあるには

 合気、つまり、我らを生かすハタラ気、生かす力と共にあるには当たり前ですが、合気道の業を練習すればそれをなしえるわけではありません。いかに気を感じられようと、強くできようと生成化育の真中の気と共に生きることなどできません。たとえば中国の武術、気功で膝を曲げ、低い姿勢を保ち続ける修行がありますがこれによって大地から上にあがる気がとても強く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more