テーマ:神社

神社に対する後書き

何度も言っているが、もう神社の時代は終わった。 籠の鳥はもう飛び立ったと何度も書いているよね。 カゴメ唄はもう成就しているんだ。この地の辺の皆さんは全然気づかないようだけど。 神社について真実を語れるのは、言霊のわかるこの俺と蘇民さんだけ。まあ、作り出したのは蘇民さんだから、彼女らがわかるのは当たり前だが。 今まで神社に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱田神宮

昨日のNHKの大河を見ていたら「熱田神宮」のことがでてきた。 何回か前に、「福井県丹生郡(にゅうぐん)越前町織田にある劔(つるぎ)神社は、戦国武将・織田信長の織田一族発祥の地の神社です」と記し、また、「剣の神」とはスサノオではなく、北斗七星の「三姉妹」であることも書きました。 ですから、たぶん、あれ?と思った方もいるんじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸城近くには日吉神社

織田信長の家系は藤原氏と同じ「破軍星」を崇拝。 明智光秀は「ニギハヤヒ」崇拝者と共にあった。光秀がバカ天孫を崇拝していたかどうかは関係ない。なんたって明智の家紋は織田家の家紋と基本は同じ。本当にクセモノだ。 織田家の織田木瓜(おだもっこう) 明智家 水色桔梗紋 秀吉は単に日本が栄え、平和になることを目指した。個人の欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諏訪大社

http://suwataisha.or.jp/index.html 諏訪上社本宮 諏訪下社秋宮 諏訪下社春宮 見れば一目瞭然。本宮、秋宮、春宮の神が違うのがわかります。七五三縄が違いますよね。 本宮にはまず何もない。それに比べて秋宮はとても大きく太い。春宮も大きめだが秋宮ほどではない。 結論から言うと、本宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石の宝殿

兵庫県高砂市の閑静な住宅街の裏山にひっそりと佇む生石(オウシコ)神社には、水に浮かぶ謎の巨石「石の宝殿」なるものがある。 「生石」は普通なら「イクイシ」と読むところを「オウシコ」。神社の名前からして怪しい神社だ。 生石神社の石の宝殿と、宮城県鹽竈神社の塩竈、鹿児島県霧島神宮の天逆鉾を総称して、「日本三奇」と呼ぶらしい。 h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠神社はヒビタ(比々多)神社だけ

https://twitter.com/hibita3 『神奈川県伊勢原市三ノ宮に鎮座する比々多神社。延喜式内社。相模國三之宮。国土創造の神さまをおまつりする杉の巨木に囲まれた心のふるさと。鳥居の内から思うこと、出来事などを宮司がつづります。』 この神社のことは前も書いてますが、ここ日本で冠神社なる称号を得ているのはこの神社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石上神宮

本題に入る前に https://twitter.com/OrandainJapan/status/1220235991555899392 駐日オランダ王国大使館・総領事館 @OrandainJapan 2020年1月1日より、オランダ政府は新たなロゴの使用を開始しました。新たなロゴは国名(NL)とチューリップの形状を組み合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受験生で賑わう天満宮

今、天満宮は受験生で大賑わい。本人たちは大変ですよね。 太宰府天満宮の神様はみなさんご存知のように「菅原道真」ということになってます。表面上はね。 ホームページには「太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠・厄除けの神様」として、日本全国はもとよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

籠神社

丹後一宮元伊勢籠神社は元伊勢としてかなり有名です。 主祭神は天照国照彦火明命(あまてらすくにてらすひこほあかりのみこと)、つまり、ニギハヤヒのこと。 社伝では「天祖から息津鏡・邊津鏡を賜り、海の奥宮である冠島に降臨され、丹後・丹波地方に養蚕や稲作を広め開拓された神様」と書かれている。 私のブログを読んでいる方なら、もうわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「阿多古祀符火廼要鎮」

京都愛宕山の「愛宕神社」は火伏せの神様で有名です。 https://www.kateigaho.com/food/5762/ 京都の飲食店にとって古来から大切な神社です。NHKの正月元旦に京都の飲食店のある組合で年に一度、お札をもらいに行く係が順番に回ってくることを放映してましたよ。 現在の御祭神はいろいろ書いてあるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スサノオはもういないんだよ

前から言ってるけど、もう「スサノオ」は「真中」と一体になったから、「スサノオ」としては存在していない。 だから、スサノオを祀る神社は家主無しか、他の家主がお住まい中。 まず有名な「熊野大社」 家主無し物件のようだ。 門前の見張り役 以前はスサノオの御霊がこの世で活躍しないように見張っていた。(設定) 八咫烏は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春日大社

「春」は渦巻きの中にヒがある。ほんのわずかなタネ火である。 「ヒ」は二つで「ビ」。そして「カスガ」。 「蛇の力」と同じように尾骨の響きがあり、封じられているようだが、カスガなので尊くない。 春日神は「武甕槌命」「経津主命」「天児屋根命」「比売神」の四柱の神ということ。 「武甕槌命」「経津主命」は北斗七星の「破軍星」「武曲星」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗像大社

宗像大社は、沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮(総社)の三社の総称である。 宗像三女神は、宗像沖津宮の「田心姫神(タゴリヒメ)」、中津宮の「湍津姫神(タギツヒメ)」、辺津宮の「市杵島姫神(イチキシマヒメ)」。 田心姫神は一番力が強く、次に湍津姫神、最後の市杵島姫神は谷底に落ち込んでいる。 普通なら「宗像三女神」は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more