テーマ:神とオカルト

本当にこれが最後の書き込みかな?

ツイッターに次の画像を貼った。 前から書いているように、この地の辺の人々の尾骨に封じ込められていた「蛇の力」、つまり、クンダリニーとも言われる破壊の力は解放された。もうすでに「パンドラの箱」は開かれているわけ。だから、上の画像のようにずっとなっていた。 もう何度も説明しているが、「蛇の力」とは、人が我善しとなり、身欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔や悪神等のオカルトまとめ

もう新たな書き込みはしないつもりでしたが、オカルト分野のまとめをしておこうと思い、今、モニターの前に座ってます。 極めて奇特な読者さん達にとっては、もう詳しい説明は必要ないでしょうから、スルーして下さいね。 この世の出来事の裏にはビッシリと脚本が隠れている。つまり、よく言う陰謀だ。陰謀を否定する連中は、工作員か、自分で考える、調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神社に対する後書き

何度も言っているが、もう神社の時代は終わった。 籠の鳥はもう飛び立ったと何度も書いているよね。 カゴメ唄はもう成就しているんだ。この地の辺の皆さんは全然気づかないようだけど。 神社について真実を語れるのは、言霊のわかるこの俺と蘇民さんだけ。まあ、作り出したのは蘇民さんだから、彼女らがわかるのは当たり前だが。 今まで神社に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊野

NHKで先程「熊野古道 神秘の旅」なる番組を放映してました。 熊野の表看板を語ってました。つまり、世間で知られる嘘を語っておりました。 熊は西洋の神話では北斗七星のことです。と言っても正確には「三姉妹」のこと。もっと言うと破軍星(第七星)のことです。熊は隈です。畏れ多い存在です。でも本当の熊さんではないのです。アイヌ人にとっての熊の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密を解くヒントだらけ

この頃、秘密を解くヒントを含ませたメッセージ(掲示)が多いんだよ。 今日、ツイッターに載せたhttps://jp.sputniknews.com/science/202004047329998/の記事内容にある『アルテミス計画』なんかいい例だよ。 アルテミスとは何なのか知らない人はまずそれを調べるはず。いや、そんなこと調べない人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十六菊花紋

上の画像は有名なイシュタル門の十六菊花紋 ナラム・シンの戦勝碑 パキスタンのタッタ遺跡 エルサレム市内のヘロデ王の門 エジプトの女神セクメト マヤの石像 イシュタルとは『金星の女神(ミカ)』 つまり、十六菊花紋とはミカさんのシンボルです。 つまり、十六菊花紋は日本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

El信仰

奥の院以外の悪いヤツラはみんなEl信仰(正確に言うとelは土星だが、ここでは悪魔とする)。 ユダヤ人なるユダヤ教徒、いや、表看板だけで、宗教なんて本当は関係ない欲深き人達、カトリック教徒、そして、関係なさそうな他のキリスト教徒のほとんどの方たちもしかり。仏教徒とはEl信仰者でもある。何度も言うが、ブッダは明け方の金星を見て悟ったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諏訪大社

http://suwataisha.or.jp/index.html 諏訪上社本宮 諏訪下社秋宮 諏訪下社春宮 見れば一目瞭然。本宮、秋宮、春宮の神が違うのがわかります。七五三縄が違いますよね。 本宮にはまず何もない。それに比べて秋宮はとても大きく太い。春宮も大きめだが秋宮ほどではない。 結論から言うと、本宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君が代(追記)

https://mag.japaaan.com/archives/105839 一部抜粋 「大切なあなたといつまでも…日本の国歌「君が代」のルーツと深い愛情を紹介」 『君が代は 千代に八千代に さざれ石の 巌(いわお)となりて 苔(こけ)のむすまで この短い歌詞は平安時代の勅撰和歌集『古今和歌集(延喜五905年)』に収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石の宝殿

兵庫県高砂市の閑静な住宅街の裏山にひっそりと佇む生石(オウシコ)神社には、水に浮かぶ謎の巨石「石の宝殿」なるものがある。 「生石」は普通なら「イクイシ」と読むところを「オウシコ」。神社の名前からして怪しい神社だ。 生石神社の石の宝殿と、宮城県鹽竈神社の塩竈、鹿児島県霧島神宮の天逆鉾を総称して、「日本三奇」と呼ぶらしい。 h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢神宮奉納文

http://hounoubun-hozonkai.com/index.php?hounoubun 特にこちら 古事記の伝承を皆覚えていた稗田阿礼さんがなぜか存在しないはずの神代文字で奉納? 日本人は昔からお笑いが好きなようだ。 古代だ、縄文、弥生だと言われると原始的生活を思い浮かべてしまうのが常。 でもそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妄想第二弾(追記)

https://www.fnn.jp/posts/00432091CX/202002131804_CX_CX 【速報】歌手・槇原敬之容疑者を逮捕 覚せい剤取締法違反容疑 『午後4時44分に、渋谷区神宮前の自宅で逮捕された』 『槇原容疑者は、1999年に覚せい剤を自宅に隠し持っていたとして、逮捕・起訴され、執行猶予付きの有罪判決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠神社はヒビタ(比々多)神社だけ

https://twitter.com/hibita3 『神奈川県伊勢原市三ノ宮に鎮座する比々多神社。延喜式内社。相模國三之宮。国土創造の神さまをおまつりする杉の巨木に囲まれた心のふるさと。鳥居の内から思うこと、出来事などを宮司がつづります。』 この神社のことは前も書いてますが、ここ日本で冠神社なる称号を得ているのはこの神社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陰陽師

伝説のプログラム「SEIMEI」で4大陸初V 葛飾の熊野神社は社伝によれば『平安時代中期、一条天皇の長保年間(999~1003)にご創建されました。今から一千年以上前、陰陽師として名高い安倍晴明公によって熊野大神が勧請されました。安倍晴明公ゆかりの神社として都内唯一、さらに葛飾区内で最も古い神社です。』だそうです。 何度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の紅白の予告通りになってます(追記)

https://mainichi.jp/articles/20200209/k00/00m/010/152000c 野党連合政権へ「あとは政治的決断だ」 共産・志位氏、小沢一郎氏政治塾で 一部抜粋 『共産党の志位和夫委員長は9日、東京都内で開かれた国民民主党の小沢一郎衆院議員の政治塾で講演し、立憲民主党など他の野党に対し、自ら提唱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石上神宮

本題に入る前に https://twitter.com/OrandainJapan/status/1220235991555899392 駐日オランダ王国大使館・総領事館 @OrandainJapan 2020年1月1日より、オランダ政府は新たなロゴの使用を開始しました。新たなロゴは国名(NL)とチューリップの形状を組み合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受験生で賑わう天満宮

今、天満宮は受験生で大賑わい。本人たちは大変ですよね。 太宰府天満宮の神様はみなさんご存知のように「菅原道真」ということになってます。表面上はね。 ホームページには「太宰府天満宮は、菅原道真公の御墓所の上にご社殿を造営し、その御神霊を永久にお祀りしている神社です。 「学問・至誠・厄除けの神様」として、日本全国はもとよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枯山水

「枯山水」は日本庭園の様式のひとつ。 水を使わず、石や砂、草木だけで山水の景色を表現。草木を用いず、石や砂のみを使った「石庭」がテレビCMで今流れています。 https://youtu.be/2KysJMdVSPE 「大徳寺 冬の石庭」 「侘び・寂び」の精神が息づいているらいい。 仏教と枯山水、特に「石庭」は同じ領域の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔話と魔釣り(追記)

「浦島太郎」は「魔釣り」のど真ん中を示すお話。 普通なら、『良き行ないをしたから「竜宮城」なる場所に行くことができた。ただ、約束を守れなかったから罰を受けた』的感想を持つことだろう。 次に、欲望のままに生きるとバチが当たるというメッセージ。浦島太郎は釣り竿を持っているでしょ。あれも考えてのこと。これが「魔釣り」だ。 そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

籠神社

丹後一宮元伊勢籠神社は元伊勢としてかなり有名です。 主祭神は天照国照彦火明命(あまてらすくにてらすひこほあかりのみこと)、つまり、ニギハヤヒのこと。 社伝では「天祖から息津鏡・邊津鏡を賜り、海の奥宮である冠島に降臨され、丹後・丹波地方に養蚕や稲作を広め開拓された神様」と書かれている。 私のブログを読んでいる方なら、もうわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「阿多古祀符火廼要鎮」

京都愛宕山の「愛宕神社」は火伏せの神様で有名です。 https://www.kateigaho.com/food/5762/ 京都の飲食店にとって古来から大切な神社です。NHKの正月元旦に京都の飲食店のある組合で年に一度、お札をもらいに行く係が順番に回ってくることを放映してましたよ。 現在の御祭神はいろいろ書いてあるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スサノオはもういないんだよ

前から言ってるけど、もう「スサノオ」は「真中」と一体になったから、「スサノオ」としては存在していない。 だから、スサノオを祀る神社は家主無しか、他の家主がお住まい中。 まず有名な「熊野大社」 家主無し物件のようだ。 門前の見張り役 以前はスサノオの御霊がこの世で活躍しないように見張っていた。(設定) 八咫烏は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春日大社

「春」は渦巻きの中にヒがある。ほんのわずかなタネ火である。 「ヒ」は二つで「ビ」。そして「カスガ」。 「蛇の力」と同じように尾骨の響きがあり、封じられているようだが、カスガなので尊くない。 春日神は「武甕槌命」「経津主命」「天児屋根命」「比売神」の四柱の神ということ。 「武甕槌命」「経津主命」は北斗七星の「破軍星」「武曲星」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環状列石や大きな岩のメッセージ

https://www.visit-oita.jp/spots/detail/5444 一部抜粋 『神の宿る山といわれる米神山(標高475m)の麓には、不思議なストーンサークルがあり、9本もの巨石が円を描くように空を仰いで立っています。伝説によると、神々が聖なる山の麓に都を築こうと、100個の巨石をこの地に降らせようとしましたが、石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在の状況

今現在、長野県の蓼科山を中心に茅野市から小諸市、浅間山方面ライン、つまり、東北、南西ライン上で「気」の躍動がものすごい。 キチガイジジイの妄想じゃございません。 といってもわかる人にしかわかりません。もっと言うと蘇民さんしかわからないだろうな。 現在、この地上で鳴り響いている「アマテラス」のカムハタラキと関係があるようだ。特に蓼科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『AI 崩壊』

2008年にアメリカの映画『イーグル・アイ』っていうのが作られた。同じように「AI」が暴走する話。 「Eagle Eye」つまり、俯瞰しする目。 ボーダレスな完全管理社会を推進している者達は「AI」崩壊なる映画を放映しても、楯突かない、推進の邪魔はできないと踏んでいる。 みんな携帯、スマホ無しの生活なんて考えられないだろうから。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ム」について補足(追記)

古事記の中で「イザナミ」は地獄に落ちる。 つまり、それから「月」には本来の神が不在なのである。「ム」状態なのだ。 かぐや姫は竹の中に生まれる。そして翁(蘇民)の手により大きく育ち、最後は月に帰る。 古代アラビアではまず最高神は男の月神、ついで女の太陽神、最後に金星の神を尊ぶ。 「EL」は金星だったり、土星だったり。 「知恵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習う歴史はウソだらけ

30年前に「吉野ヶ里フィーバー」なるものがあった。 吉野ヶ里遺跡(神埼市、吉野ヶ里町)は、国内最大級の弥生時代の環濠集落で、国特別史跡である。 この発掘時に出てはいけないものが出てしまった。それは古代文字。 それも棺や祭祀用具等の一部ではなく、硬い粘土層の一面に。 それはあっという間に粉々にされた。公にできないからだ。 ここ日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倭(ヤマト、ワ)

もうひとつ書いておきたいことがある。それは「倭」について。 みんな学校での授業や歴史学者のウソ、「あやま知」でまんまと騙されている。 「倭人」は日本人だとね。「倭」が中国や日本の歴史書に出てくると、イコール日本、日本人と思い込まされている。 昔、『契丹古伝』に『殷、もとこれ倭国』と明記されていることから「殷」と言う国は日本人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カトリックのミサ

昔、芸能人の杉田かおるさんの創価学会メロン事件がありました。今の若い人は知らないでしょうが http://i-article01.com/2016/11/19/%E6%9D%89%E7%94%B0%E3%81%8B%E3%81%8A%E3%82%8B%E3%81%8C%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more