テーマ:鍼灸

東洋医学 ホントのチカラ 冬のお悩み一挙解決SP

https://www4.nhk.or.jp/toyoigaku-honto/x/2020-02-05/21/26025/2346118/ 昨晩、録画してたのを先ほど見てみた。 【司会】アンミカ,青井実 これだけで「11」のメッセージ。 特に「アンミカ」さんはこの名前由に芸能界で活躍できてるんじゃないの、と思えるよね。「アン」「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋医学ホントのチカラ~最新科学で迫る鍼灸(しんきゅう)の秘密~「Part2」

Part1のことはもう書きましたが、今度も少しだけ書かせてもらいます。 美容鍼灸の鍼灸は基本的に「気」「生かすハタラ気」とは関係がございません。 過活動膀胱に対する「会陰」刺激は効果が一時的に、正確に言うと刺激を続ける限りは恩恵に預かれるだろうが、修復改善を促すわけではない。逆さまの人体、AI脳状態なカラダを元の正しき有り様に正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日、神の手を持つという接骨院の院長が出てましたが?

その方は神の手を持つというお方らしく、腰痛に苦しんでいる人々を救っているそうだ。彼が言うには基本的に仙腸関節の異常を治せばいいんだとか。 どこに行っても治らない。そして、痛みがとてもひどい人がただ仙腸関節の不具合を調節しただけであっというまにああ楽ちん。腰痛改善? まず仙腸関節に不具合があったにせよ、その不具合を作り出しているのは筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ためしてガッテンのはり治療を見て

「本場・中国で、はり治療のカギとなる「ツボ」の正体を探っていくと、「ツボは常に存在するものではない」という不可解な情報をゲット」なんて放映してました。確かに治療穴という意味に置いてこれは正しい。だから当院、つまり、佐々木鍼灸マッサージ院のホームページ(http://www7b.biglobe.ne.jp/~hihumi)には「鍵穴ツボ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受動喫煙対策を強化

厚生労働省が今国会に提出を予定している受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案で、飲食店の最大55%は原則禁煙の適用除外になると同省が試算しているらしい。半数以上で喫煙が認められることになるが、厚労省は「新規開店は全て原則禁煙とするので、徐々に減っていく」としている。 喫煙によって肺癌になるなんていう大嘘は今や崩れ去っているはずなのに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢方薬や鍼灸など「伝統医療」WHOが認定へ

漢方薬や鍼灸(しんきゅう)など日本や中国の伝統医療が、今春にも開催される世界保健機関(WHO)の総会で認定される方針らしい。 WHOに公式に認められれば、日本の伝統医療の地位向上に役立つように思われるが、さてどうなるでしょうね。漢方薬を作っているお薬の会社は喜んでいるでしょうけど、鍼灸師に対しての善い影響はそれほどないだろうと思うな。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変形性膝関節症

変形性膝関節症に罹患する%は男性より女性のほうがかなり多い。普通は単に男性より女性のほうが筋肉量が少ないからとか、筋肉の力が弱いからとかで片付けられがちであるが本当の重大な原因はそこにはない。 今まで何度も記してきたが人体の健康にとって重心、重力線が大切であり、それを実現させるのは体の正しい力の使い方であり、特に足の力の使い方が重要な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症に対して鍼灸は効果があるのか?

結論から申しますと、脊柱管狭窄症の症状を緩和させる効果はかなりあるようです。大学での研究でも認められていますし、この私自身の治療経験からいっても人によりますが(狭窄の度合い等による)、効果はあると思います。狭窄部位の修復がなされるとは言い切れませんが、症状緩和はできると思います。お医者さんから出される薬や痛み止めの注射にしても患部を修復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またスギ花粉の季節ですね

花粉症の方はスギ花粉が飛ぶ季節になると誰でも同じような鍵穴ツボが生じます。この変化の現れたツボに鍼や灸をすると症状は抑えられるので鍼灸が怖くなければ当院に来てみて下さい。あたりまえのことですが花粉症の症状を抑える薬はあまりオススメできるようなものじゃないですから。漢方薬の少青龍湯だって安全無害だと思ったら大間違いですよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪の後遺症

風邪をひくとすぐに市販の総合感冒薬なるものや、医者で抗生物質をはじめ、不快な症状をおさえる薬をいただいて服用されるかたは風邪がすっきりとなかなか治らない人は多いんじゃないでしょうか。このようなかたは気の流れを正しく整え、ハタラキを失ったツボを正常な状態にもどせばひとによる程度の差はあれ自律神経や免疫系が正常にはたらきだします。このような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎっくり腰

 通称「ぎっくり腰」は正式には腰椎捻挫とか、腰部筋・筋膜性腰痛とかいわれますが結局レントゲン撮影しても背骨に異常が無い、筋肉を傷めた急性腰痛ということです。ブチッと音がしたというような場合はまず筋繊維が切れたと思われます。このような場合は回復に時間がかかるでしょう。いらぬことですが腰椎捻挫という名称はおかしくないでしょうか?どう考えたっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体までも洗脳されている

 私はよく、うちに来る患者さんに右腕をゆっくり高く上げて下さいとお願いするのですが、みなさん揃って腕を伸ばしてラジオ体操のように挙げていきます。このように持ち上げると肩関節、及びその関連の靭帯、筋肉にたいへんな負担をかけるので肘を曲げた状態で持ち上げようとするのが本来の姿、動作なのです。人間には生来備わったカラダの動かし方というものがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭痛

鍼灸院で治療する頭痛といえば片頭痛か緊張型頭痛ということになるのでしょう。ご存知であると思いますが片頭痛には予兆があり、ひどい肩こり、生あくび、突然の食欲亢進といったものがあるそうです。そして「前兆」の代表的なものに「閃輝暗点(せんきあんてん)」という視覚性の変調があります。その後頭痛が起こるのですが普通は片側にズキン、ズキンとした脈打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不妊症や生理不順に関わる話

あなたは牛乳を毎日ゴクゴク飲むのでしょうか。 日本で販売されている牛乳は、妊娠中の雌牛からも搾乳されます。つまり、妊娠中多量に分泌された女性ホルモンが搾乳された牛乳にも含まれてしまうということなのです。実際、販売されている牛乳を調査したある結果では、卵胞ホルモンは妊娠していない牛から搾乳された牛乳に比べて1.5~2倍、黄体ホルモンは6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「短楽」と「大楽」

現代の医療は頭が、前頭葉が喜ぶだけの「短楽」的治療が主である。医療を受ける人々もそれを求めているからこそ医療という名の破壊行為が占領してしまったのだ。  あなたは甘いスイーツやアイスクリームが大好きであろうか。砂糖やブドウ糖・果糖・液糖を喜ぶのは脳であり、カラダは「ハラ」は大量の砂糖を嫌う。よく最近腸活というコトバを聞くがたとえ乳酸菌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足がよくつるのは

本来足がつるのは静脈血が上昇しずらくなっていて酸欠が起こっているためであり、その状況を改善するために強引に筋肉を収縮させることによって、つまり、つるという形で危機を脱しているわけです。本人にはつらくても自己防衛反応なのです。ですから高齢な人はよく寝ているときにふくらはぎがつるのはよくあることです。また糖尿病のひとは血流が悪いのでつりやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍵穴ツボ治療

 ひふみ治療院の最大の特徴といえる鍵穴ツボ治療についてお話しします。 人のカラダに不調をきたしますと必ずと言ってよいほど鍵穴的ツボが人体表面に生じるのです。このツボはみえるものにしかわからないものですし証明することもできませんがほんとうにあるとしか言えません。信じていただくより仕方ありません。前にも述べましたが中国でも元々は気の流れや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頚椎捻挫(ムチウチ)

 普通頚椎捻挫は交通事故によって強い力が慣性の法則により頭にかかり首周りの筋肉や頚椎の靭帯を痛めた状態のことであるがなかには神経(脊髄や神経根)を痛めてしまうかたもいらっしゃいます。結果的に痛みや炎症による脹れが生じ、また、これ以上痛めないように首が自由に動かない様になります。この状態は本人にとってつらい状態ですが安易に鎮痛消炎剤や筋弛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨折や捻挫の後遺症

骨折や捻挫後の不完全治癒はよくあることですが、あまりにも不快な症状や違和感、いやそれ以上にお困りの人もいらっしゃいます。そんな方はいくつかのツボがハタラ気を失っているはずです。そのツボをもとの状態に戻し、通気、調気すれば回復に向かうはずです。そういう事態にお困りの方はそのようなツボを診てとれる私の治療院に来院していただければ開穴いたしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糖尿病

 軽度の糖尿病でしたらかなり鍼灸治療で良い効果をもたらしてくれると思います。自律神経を調節しホルモンバランスを整える作用があるのですから。 糖尿病はがん、心疾患、脳血管疾患の発症リスクを高める重篤な難病です。そして糖尿病によって血糖コントロールの不良が続けば、全身の免疫力や恒常性が低下するため、さまざまな病気を生じさせる原因となるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚弱体質と呼ばれる方々に対する施術

 胃下垂気味で太りたくても太れない、疲れやすい、下痢しやすい等のお悩みをお持ちの方は虚弱体質と呼ばれたりします。こんな方にはお灸、特にお臍まわりにおこなう棒灸治療が効果を発揮します。胃腸虚弱の方の症状、つまり、食後の腹部膨満感、胃のもたれ、むかつき等のある方にも効果があると思いますのでお試し下さい。臍の部位は暖かくなくてはいけない部位な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷え性

 冷え性は低体温症とは違い基本的に交感神経が優位に働いてしまう、つまり、自律神経のみだれによって起こるわけですが、結局ストレスが多い人ほどなるわけです。現代のように本当にさまざまなストレスの中で生きている私たちは女性だけでなく、男性も冷え性に悩まされるようになってきました。  私たちは避けることのできるストレスは少しでも減らさなければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五十肩

 まず現代人のほとんどの方が重心が少し右に偏っていらっしゃるので右の腰背部の筋肉が縮まり右肩が下がった姿勢となっています。ですから右の肩甲骨はうまく回転できず右腕は自然とあげづらくなります。そして右足親指で大地を蹴ることができないため、その力を利用できず三角筋は負担が増し関節部の靭帯もつらいわけです。長い物干しざおをもつようなイメージを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不妊症治療

 不妊症の方のための治療方法はまず姿勢矯正だと思います。妊娠に関わるホルモンを作る卵巣の物理学的環境を整えることがまず第一ですから。そして姿勢が悪ければ体のあちこちにストレスが生じますので日々の生活のいろいろな心とカラダのストレス以上にあなたの自律神経やホルモンバランスを崩します。  現代は大切な食べ物や飲み物は毒入りだらけですし、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉症にも鍵穴ツボ治療

 花粉症は花粉を免疫系が攻撃すべき異物ととらえるから起こるのですから完全に鍼灸で治すことは不可能ですが、花粉症の時も当院のいう鍵穴ツボが体表に現れますので炎症をかなり鎮めることが可能です。当たり前ですが花粉症も肉体的、そして精神的ストレスは悪化させる要因となりますので避けられるものはできるだけ避けましょう。 何度も同じことを書きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気の流れの真実

 今までほとんどの人が知らない、いや日本でこの私しかわからないツボなどの秘密を明かしてきましたが今回は本当に大事なことをお教えしましょう。まあ、私のような無名な人間が何を言っても注目はされませんし、信じてはもらえないでしょうが。 以前手の指では中指からの生気が一番多く出ているとお伝えしましたが手を動かそうとすれば、腕を上げようとすれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋医学というコトバにだまされるな

 東洋医学の中の鍼灸は西洋医学と違って自然治癒力を向上させるなどと幻想をいだいている方がほとんどでしょう。よく鍼灸院のホームページに東洋医学は自然治癒力や免疫力を向上させるうんたらかんたらと書かれていますがそもそも自然治癒力を向上させるなど鍼灸ではできません。ただ、その邪魔をしている状態を改善するひとつの手段なのです。例えば道路に落ちて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ姿勢矯正、そして、重心重力線を重視するか

 たとえば重心がかかとの方にかかっているとしましょう。つまり、親指で踏ん張れない、蹴とばせないかたということです。そうなれば大事な第二の心臓といわれるふくらはぎの筋肉がしっかりと収縮できませんので静脈血が上りにくくなります。ひどくなれば心臓に負担がかかりますし、血圧が上昇してしまいます。冷え性にもなりやすいですし、ふくらはぎの細い血管は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツボの秘密

 人体にとって大切ないくつかのツボについて今まで何度か述べていますが、ツボは本来治療点として存在するわけではなく、人体の生命活動、運動動作に対していろいろな役目を負っているわけです。さて、今回は肩井穴についてお話ししましょう。肩井ですからこのツボから気がいづると考えるのが妥当ですよね。確かに気がいづるのですが左右の気の出方は違うのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆子の灸

 妊娠28週ぐらいまでは逆子でも自然に治る可能性があるといわれますがこれ以降も治る気配がなければ逆子の灸をお試し下さい。なるべくなら32週までにやってみることです。33週を過ぎると治る可能性がぐっと下がるようです。  基本的に足の第五指の先端にある至陰というツボを使うのですが受療者によって他に使うツボは変わりますのでぜひご自分で施灸す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more