テーマ:整体

体までも洗脳されている

 私はよく、うちに来る患者さんに右腕をゆっくり高く上げて下さいとお願いするのですが、みなさん揃って腕を伸ばしてラジオ体操のように挙げていきます。このように持ち上げると肩関節、及びその関連の靭帯、筋肉にたいへんな負担をかけるので肘を曲げた状態で持ち上げようとするのが本来の姿、動作なのです。人間には生来備わったカラダの動かし方というものがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頚椎捻挫(ムチウチ)

 普通頚椎捻挫は交通事故によって強い力が慣性の法則により頭にかかり首周りの筋肉や頚椎の靭帯を痛めた状態のことであるがなかには神経(脊髄や神経根)を痛めてしまうかたもいらっしゃいます。結果的に痛みや炎症による脹れが生じ、また、これ以上痛めないように首が自由に動かない様になります。この状態は本人にとってつらい状態ですが安易に鎮痛消炎剤や筋弛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷え性

 冷え性は低体温症とは違い基本的に交感神経が優位に働いてしまう、つまり、自律神経のみだれによって起こるわけですが、結局ストレスが多い人ほどなるわけです。現代のように本当にさまざまなストレスの中で生きている私たちは女性だけでなく、男性も冷え性に悩まされるようになってきました。  私たちは避けることのできるストレスは少しでも減らさなければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五十肩

 まず現代人のほとんどの方が重心が少し右に偏っていらっしゃるので右の腰背部の筋肉が縮まり右肩が下がった姿勢となっています。ですから右の肩甲骨はうまく回転できず右腕は自然とあげづらくなります。そして右足親指で大地を蹴ることができないため、その力を利用できず三角筋は負担が増し関節部の靭帯もつらいわけです。長い物干しざおをもつようなイメージを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不妊症治療

 不妊症の方のための治療方法はまず姿勢矯正だと思います。妊娠に関わるホルモンを作る卵巣の物理学的環境を整えることがまず第一ですから。そして姿勢が悪ければ体のあちこちにストレスが生じますので日々の生活のいろいろな心とカラダのストレス以上にあなたの自律神経やホルモンバランスを崩します。  現代は大切な食べ物や飲み物は毒入りだらけですし、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆子の灸

 妊娠28週ぐらいまでは逆子でも自然に治る可能性があるといわれますがこれ以降も治る気配がなければ逆子の灸をお試し下さい。なるべくなら32週までにやってみることです。33週を過ぎると治る可能性がぐっと下がるようです。  基本的に足の第五指の先端にある至陰というツボを使うのですが受療者によって他に使うツボは変わりますのでぜひご自分で施灸す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肩こり

 スマホを使う場合、首を前に傾けるため上半身も軽く前に傾けます。よっておしりは少し後ろに突き出し、体重はかかとの方にかかることとなります。このよくない体勢を長く続ければ続けるほどカラダは悲鳴をあげます。重い頭を中心軸からずらせ前方に傾け続けるのですから背中側の筋肉をひどく緊張させなければなりません。よって結果的に頸椎は少し前傾して弯曲を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛

 腰痛といっても整形外科でレントゲンを撮っても骨には異常のない単純な疲労の蓄積によるものから、椎間板の髄核部の変位、神経の圧迫を生じるヘルニア、脊柱管狭窄、すべり症等の重大な病変によるものまでいろいろあるわけです。  人間は立つことによって腰痛が始まったなどと申す人たちがいらっしゃいますが立った姿勢こそが腰痛が起こりにくい状態なのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性はなぜ男性より便秘になりやすいのか

便秘の原因には病気によるもの、食生活のみだれによるもの(ダイエットによるもの、朝食をとらないことによるもの等もあります)、ストレスによるもの、運動不足(歩くことが無さすぎる場合)等々ありますが、女性は特に骨盤のカタチが男性よりも広い(最近の女性の骨盤は男性のように狭くなってきているらしいのですが)ため、腸にたるみが生じやすく、便の通過時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more