わかりやすくまとめました。

Screenshot from 2021-04-01 10:37:38.png
3月も3000超えのアクセスをいただきました。ありがとうございました。

さて、私の投稿の題名は、文書中の重要な要点とは違っていたりします。
ですので、今までの記述をグループ分けしてみたいと思います。

先ず、最近多く語っている「キリスト」に関するもの。
https://29842637.at.webry.info/202103/article_30.html
「死海文書」の新たな断片を発見(笑い、いや、大笑い)
【救世主はあくまで、生贄なのである。「罪をになう人」、「あがない主」であり、他人の罪をあがなう人として、つまり、自分たちの幸せのための犠牲なのである。
本来、キリスト教には根底にそういう思想がある。簡単に言うと利害損得が信仰の底辺にはあるのです。】


https://29842637.at.webry.info/202103/article_37.html
企みのためのアイテムとしての宗教
【この私、かなり以前から、"西洋の有名な宗教である、「ユダヤ教」「キリスト教」「イスラム教」の創造神は「クロノス」なんだよ"ってお伝えしてきました。

このブログの固定客の方ならおわかりのことでしょう。

私はちゃんと、その背景たる神話を提示し、私の妄想では無いことを証明しながら、細かいことも綴ってきたつもりです。そしてその神話もシナリオのためのアイテムとして作られたものだとも語りましたね。


このような真実を、証拠の神話を提示しながら明らかにした者は私だけだと思います。陰謀に詳しい人達も、クロノスにはたどり着きますが、その理由まではわかっていません。と言うか、私がその理由を教えてあげてるのに、誰も広めないようです(大笑い)。】


この投稿がかなり重要です。
https://29842637.at.webry.info/202103/article_42.html
茶番劇は続く
【キリストという(本名は違う)、"Christos"にもってこいの一人の男は、付けてほしくない名前を付けられ、十字架に架けられ、生贄にされた。

彼は、現在と同じように、"「マコト」を見ず、聞かず、言わざる"の「三猿」を重視して生きていた一般庶民に、"長いものに巻かれるだけではダメだ"、"「マコト」を捨て去ってはいけない"、等々を皆に語っていたのだろう。
しかし、そんな彼の思いは届かないどころか、この世を乱す「逆神者」として、磔にされ殺された。
確かに企みはあったさ。
でもね、
利害損得を重視する逆さまの人々に、「あやま知」に囚われた「マコト」失った人々に殺されたのである。

その後、彼は生贄の名前で宗教デビュー。
彼以外の人々の利益を守るために殺された、「生贄」としての「Christos」と正式に命名され、皆も納得したのである。

外人さん全部が全部ということじゃないけど、あやまるのが苦手でしょ。自分が間違っていても頭を下げたがらないよね。
当時の人々も彼が「Christos」として殺されたと納得すれば、思い込めば、罪の意識から逃れることができたんだろうよ。

だから未だに、キリストは十字架から降ろされず礼拝されている。
みんな心の底ではわかっているんだ。キリストとは、あくまで生贄であるとね。

キリスト教徒は世界中にいらっしゃる。
ですから、イースター、または、復活祭と言われる日は、ここ日本でも有名である。

十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教において最も重要な祭となっている。

復活したキリストは、前のキリストではない。
ただ、「Christos」という同じ名前が付けられる別の生贄ということ。
と言っても、企みの上では、古き世と新しき世の切り替えの掲示でしかない。】


次に裏の者達、及び「11」の神について
https://29842637.at.webry.info/202007/article_1.html
悪魔や悪神等のオカルトまとめ


https://29842637.at.webry.info/202002/article_6.html
春日大社

https://29842637.at.webry.info/202102/article_25.html
【日本の上級国民について、少々語ろうか。たぶん、今までちゃんと語ったことが無かったんじゃないかな。
まあと言うか、バラせなかったと言うのが本当のところかな。
でも、もう飛鳥時代は到来し、そしてそして最後のトドメたる「一里の仕組み」はもう行われたんだからね。

たぶん、私と同じように陰謀、企みに関心のあるものは、日本のドンたる立ち位置に有るのは、「藤原氏」だと思っているんじゃないの。
確かに、それに近い位置には存在する。でもさあ、「蘇民さん」ではないよ。
私のように言霊のわかるものには、神気、神霊等もわかる。だから、藤原氏(と言っても、現在普通に、「藤原」を名乗っている人達じゃないからね。たぶん、こんなこといちいち言わなくても知っているんでしょうけど)の霊気がどういう風になっているのかわかるのさ。ハッキリ言っちゃうと、彼らは(彼女らは)、分かつ知の民なのさ。「サカ族」なんだよ。】

https://29842637.at.webry.info/202102/article_27.html
藤原氏に対するおさらい

次の投稿はかなり重要な記事
https://29842637.at.webry.info/202103/article_45.html
amazon


こちらも一緒に読んで欲しい。
https://29842637.at.webry.info/202007/article_2.html
本当にこれが最後の書き込みかな?

https://29842637.at.webry.info/202102/article_26.html
安息日(おさらい)


神社についての真実を知りたければ、
https://29842637.at.webry.info/202005/article_22.html


最奥にいらっしゃった「蘇民さん」も、分かつ知の「サカ族」も裏の者達ではありますが、同じ種族ではありません。

以上の記事を読めば、企みの本筋がわかるはずです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント