amazon

https://netshop.impress.co.jp/node/8434
【アマゾン日本事業の2020年(2020年1~12月)売上高は円ベースで2兆1893億2700万円だった(2020年の平均為替レートを1ドル=107円で換算)。円ベースでの伸び率は前期比25.5%増。・・
Amazon全体の売上高に対して日本事業が占める割合は5.3%。2019年よりも0.4ポイント減った。主要国の伸び率は3割を超えているのに対し、日本事業は2割台にとどまっている。

アメリカ → 2635億2000万ドル(前期比36.1%増)
ドイツ → 295億6500万ドル(同33.0%増)
イギリス → 264億8300万ドル(同51.1%増)
日本 → 204億6100万ドル(同27.9%増)
その他 → 460億3500万ドル(同37.6%増)】


https://markezine.jp/article/detail/33787
【「利用者数」1位はアマゾン、「利用回数」1位は楽天市場 ニールセン デジタルが、EC利用状況を調査  2020/07/08 14:40
2020年4月のMonthly Totalレポートによると、オンラインショッピングにおいて、PCとモバイルの重複を除いた「トータルデジタル」で最も利用者数が多かったのはAmazon。5,253万人が月に平均44回利用し、GRP(Gross Rating Point=延べ視聴率)は1,836%だった。次いで5,138万人の利用者を抱えるRakuten Ichiba Shoppingは、平均利用回数が最も多い53回。GRPはAmazonを上回る2,194%となった。】


ここ日本でも絶好調だね。

https://www.brand-yurai.net/detail/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%B3.html
「アマゾン」の由来
【社名が「アマゾン(Amazon)」となった理由は、創業者のジェフ・ベゾス氏がアメリカでは、社名・ショップ名が一覧表示された際にABC順で並べられる事が多いことに着目し「A」で始まる社名・ショップ名しようと辞書をチェックしたところから始まる。
その中から、選び出したのが世界最大の流域面積を誇る河川である「Amazon(アマゾン川)」で、自らの会社・ショップがアマゾン川のように広大なシェアを得られるようにとの願いを込めて名付けられた。

「アマゾン」ロゴマークの由来・意味
矢印が「a」から「z」に伸びており、アマゾンには、「A」から「Z」、つまり全ての商品が揃っている事を意味していると同時に「顧客の満足を表す笑顔」が表現されている。
amazon-com-logo.jpg


現在、「Z」の時代に突入して・・・

『エホバ』のゲマトリア数は「26」です。
ニセのユダヤ人にとっての聖数は「26」であり、「土星の神・クロノス」の数ということですね。
だからずっと、「青組」が"追い込まれる劇"が行われてきたのです。大いなるシステムが変わるまではね。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%BE%E3%83%B3%E5%B7%9D
【アマゾンの名の由来は定かではない。一般には、アマゾンの名はギリシア神話の女人族アマゾネスにちなみ、初期の探検者フランシスコ・デ・オレリャーナによって命名されたという説が流布している。別の説では現地語で似た音をもつ名があり、それによってアマゾナスと名づけられたという。他に、インディオの言葉で「水の音」を意味する "Amassunú" に由来するともいう。アマゾン川にちなむ地名としては、アマゾン盆地のほか、ブラジル、ベネズエラ、コロンビアの行政区画がある。 】
『ウィキペディア(Wikipedia)』


北アフリカ、アナトリア、黒海地域に住んでいた女神崇拝部族のギリシア名は『アマゾーン(=Amavzwn, pl. =AmazovneV) 』である。

"アマゾーン女人族はアジアの広い地域を、昔は、支配していた"らしい。
昔、黒海は「アマゾーン海」として知られていたようだ。

古代の人々は、アマゾーン女人族がウマを飼いならした最初の者であったと言った。そのために、アマゾーン女人族の戦士たちがものすごく強かったという伝説がある。

アマゾーン女人族は、スキタイ・サカ族とも呼ばれる。
"スキタイ人の中にはパルティアに定住した者もいた。このパルティアとは「処女地」の意味で、スキタイ人は彼らの太女神にちなんでそう名づけたのである。彼らはサカイ人として知られるようになった。その首都はサカステネで、今のセイスタンである。"
ペルシャにおける「アスカ王朝」は、ギリシャ語で、「パルティア王朝」となる。
初代の王が、「神を尊ぶ」という意味の「アンスク」「アルスク」を名前にしたからだと言う。
中国では発音を漢字に当てて「安息国」と書いた。

北東及び、中央アジアで、「トンガリ帽子のサカ族」は、中国では「塞」の字が当てられ、「塞人」となる。

ペルシャ語で、中国北部のことを「ハタ・カタ」と言う。これは、スキタイ族の意味でもある。
もう一度言うが、「スキタイ」はギリシャ語で、「サカ」はペルシャ語である。

今書いてきたことは、かなり重要なことなんですね。
もう結論は明かしてますから、ただの後書きかもしれませんけど。(笑い)

"スキタイ人は巫女である女王によって治められていた。女王は死ぬと、さまざまな副葬品を備えた墓kurganに、ただ1人で埋葬されるのが普通であった。"

"神々を去勢する秘義では三日月形の鎌が用いられたが、その三日月の鎌はスキタイ人の武器であった。そのために長い柄の三日月形の鎌は大鎌scytheと呼ばれるようになった。そして「死神」 Grim Reaperが持つようになった。死神とは、本来、「母親-時J、あるいは「母親-死神」を装ったレア・クロニアであった。レア・クロニアはまた自分の子供たちを食べてしまう大地でもあった。スキタイの女性たちは、明らかに、そうした武器を戦争に、また宗教儀式や農業にも用いた。ディオドロスによると、スキタイの女性たちは「男性のように戦い、勇敢さにおいて男性に劣ることは決してない」。スキタイの娘は、戦争で敵を3人殺して初めて、結婚することを許された。"

 アマゾーン女人族の月女神は「アルテミス(!ArtemiV) 」である。

「生物の母親」であり、同時に、「女猟師」でもあった。自分が生んだ生物を殺す女神でもあったのである。

"アルテミスの巫女たちは猟犬の仮面をかぶった。アランたち Alani(猟犬たち)というのはアルテミスを崇拝したスキタイ人のギリシア名であった。角のある神アクタイオーンを八つ裂きにした猟犬たちは、実際は、アルテミスの聖獣である雌イヌたちであった。"
"アルテミスはその姿をいろいろな動物に変えるが、そのうちで最もよく知られているのは「大熊座」 Ursa Majorであった。(大熊座は俗に北斗七星と呼ばれる。 7つの明るい星が天極の周りを回っている星座で、その中に2つの指極星がある。短い期間ではあったが、この星座はその形がカール大帝の馬車に似ていることから Charles's Wain=Carl's wagonと名づけられたことがある)。この大熊座は星を統治し、「世界軸」 axis mundiの守護女神である。そして、大熊座が描く小さな円の真ん中に北極星があるからすぐわかる。ベルンの近隣に居住していたへルヴェチア人はアルテミスを雌グマとして崇拝した。ベルンの紋章には今なお雌グマが用いられている。ペルンBerneという都市の名前は「雌グマ」を意味するのである。へルヴェチア人は、ときに、アルテミスをアルティオArtioと呼んだ。ケルト人はこのArtioをアルトArtと短縮して呼んで、 クマ-王アーサーArthurの妻とした。中世の魔女たちの神は、アルティオの狩猟の神として、「アルトの息子ロビン」と呼ばれるようになった。アイルランド人によると、アルトは男神を意味したが、最初の含意は女神であった。それもとくにクマ-女神を意味した。アルトはまたキリスト教では聖ウルスラUrsulaとして聖人の列に加えられた。 Ursulaという名はサクソン名のUrsel(雌グマ)に由来する。"

 "毎年毎年、北極星の周りを回るこの「雌グマ」(=大熊座)を崇拝する理由は、天文学的に見てもっともなものがあった。この星座はおそらく極東でいちばん最初に発見されたものであったろうと思われる。「月や季節は大熊座の回転によって決まった。この星座の尾の部分が日暮れに東方を指すと、それは春の到来を告げ、南方を指すと夏の到来を告げ、西方を指すと秋の到来を告げ、北方を指すと冬の到来を告げる……大熊座は、道教の天空観にあっては、至高神の天界における玉座という高位を占めている」。道教におけるこの至高神とは「天界の女王」、すなわち聖母馬祖婆で、アルテミスの特性によく似た特性を持っている。船乗りを守護し、天候を支配する女神である。乙女と呼ばれることもあるし、「計測の母」と呼ばれることもある。また「慈母」として聖母マリアや仏教の摩利支天に比肩する者ともされてきた。"
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM/amazon.html  アマゾーン(=Amavzwn, pl. =AmazovneV)

今まで、この私が、なぜ日本のことを「大和」(ヤマト)と呼ぶのか?そして、その本来の意味は、「矢的の国」であると書いてきたことに合点がいったんじゃないの。
なぜ、藤原氏の崇敬する神社が「春日大社」なのかも頷けるでしょ。
なぜ、ここ日本には、2つの指極星、つまり、「三女神」の二女を祀る神社が非常に多いのかわかったでしょ。


まあこんだけ史料を提示して歴史を紐解いても、ジジイ領域に片足突っ込んでいるキチガイ鍼灸師の言うことじゃ、流れいく水の如しかな。(笑い)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント