中国の気功の力及ばず

https://experience.arcgis.com/experience/478220a4c454480e823b17327b2bf1d4
バーデン=ヴュルテンベルク州とバイエルン州は感染数がかなり多いようだ。
Screenshot_2020-03-23 Grosses Landeswappen Baden-Württemberg - バーデン=ヴュルテンベルク州 - Wikipedia.png
バーデン=ヴュルテンベルク州の紋章。なんで獅子3匹?
Screenshot_2020-03-23 Coat of arms of Bavaria - バイエルン州 - Wikipedia.png
こちらはバイエルン州

ドイツのバイエルン州にある小都市ディートフルト(DIETFURT)には、「気功路」なる道路がある。それほどバイエルンは中国との繋がりが強い。
びっくりするが、実際、標識には、道路名だけではなく、「気功」をめぐる写真付き紹介文もつけられている。気功や精神修養のトレーニングを住民に奨励すると同時に、観光客を誘致する狙いがあるようだ。
そんなドイツの場所で新コロナが猛威を振るい始めたようです。まあ、気功なんてやっている人はほとんどいないだろうけど。

現在の中国でも今だに気功を行っている人は多いはず。湖北省でもかなり多くの人々が行っているんじゃなかろうか。なんたって、道教武当派と中国武術の武当拳の発祥地「武当山」がある場所だから。
前にも書いたけど、中国の「気」に関する分野、つまり、武術、鍼灸、按摩、風水、奇門遁甲等などは皆、気の把握ができるようにならねばお話にならない。机上の空論ではないのだ。つまり、日本の気の分野に関わる方はほとんどイカサマ師だってわかるでしょ。鍼灸、按摩の世界もやはり同じ。一番大事な肝心要が抜け落ちている。だからって、中国の気功をみんなヤレなんてことは言うつもりはない。それどころか中国の武術、気功は陰陽五行と関係が深いから、「マリア」さんと仲良しになってしまう。究極的なことを言うと中国の武術や気功はほとんど「崑崙派」と同じなんだよ。「西母」とは「聖母」だよ。
中国でも「陰陽」は平行の関係ではなく、縦関係だとわかる者たちは左右均等な動作、功法は行わない。逆に左右均等に訓練する者たちはインドのヨガと変わらないわけ。

中国には「少林内勁一指禅」という気功法がある。本来、その名前の通り、仏家の功法である。と言っても結局、道教の技法が根本にあるんだけど。
この気功法は誰でも簡単に「小周天」を行えるようになっている。たぶん、数ある気功法の中でも一番簡単な小周天打開の訓練法だと思う。
少林内勁一指禅はhttps://youtu.be/KmN8GwXEOvkの中の馬歩站椿功が基本であるが、「小周天」を行うために「板指功法」というものがある。
簡単に言うと指を規則正しく動かす功法である。手指はその動かし方や形により気の動態が変わる。だから密教の手印は単なるパフォーマンスではない。いろんな手印それぞれに気の動き、態様は変化する。だから、中国では呪文と手印を病気治癒のための気功法として使う場合もある。密教系の気功ではかなりよく知られた気功法である。
話を本線に戻そう。ピアノの基本的「コード」の押さえは親指、中指、小指である。こいつが気を下ろす。カラダは丸くなる。そして、他の二指を押さえれば気が上昇する。カラダは少し反り気味になるくらいに伸び上がる、肛門の括約筋は閉まる。
気功では、親指、中指、小指、そして、人差し指。薬指の順番に指を下に折ることを行う。これで簡単に「小周天」が行われるのである。

現在、中国の「小周天」を突破した人たちは新コロナに罹患していないのだろうか?
まあ、たぶん、関係ないとは思うけど、どうだろうか。
先程も書いたように中国の「気」の熟練者達が「マコト」と共にあると思ったら大間違い。本人たちの思いとは逆の「マリア」さんと一体な状況を作り出してるんだからね。もっとわかりやすく書くと、自然と一体になる練功を行ってきたと思っているだけで、実は「金星」と一体になるようにし続けてきたんだよ。金星は宇宙の一部だけど、逆さまの存在だよ。

ピアノ奏者は他の音楽家と同じように曲の態様でカラダが影響を受けるだけじゃなく、指の運指いかんで、かなり、心とカラダに影響を及ぼす。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント