JapanとHolland

もう、これドイツんだ、オランダなるダジャレは使えないのですよ。
https://jp.sputniknews.com/culture/202001026988078/
『オランダが公式に名称「Holland」の使用を放棄』
「Netherlands(ネーデルラント)」の通称として使用されている「Holland(ホランド)」という名称は2020年1月から公式に放棄される。

つまり、「オランダ」という国はもう存在しない。いや。元々「オランダ」という国はないのだ。
本来「Holland」なる土地はネーデルランドの一部であっただけ。それをわざと使わせた者達がいるということなのです。
nederland.png
紋章では「11」自身が王冠を被るようになっています。

憲法上の首都はアムステルダム、でも、事実上の首都はデン・ハーグ。とてもややこしいのである。
デン・ハーグは南ホラント州の基礎自治体らしい。日本語での表記「ハーグ」は漢字の当て字で「海牙」。なるほどね。
ハーグには150もの国際機関が存在する。

オランダは、江戸時代の鎖国下で欧州諸国で唯一外交関係を維持した国として、日本人には頭に刻み込まれている。しかし、元々オランダなんて国は無かった。
オランダなる偽名国(偽物)はマリア教の布教はしなかったが、人身売買や麻薬売買で儲けていた者達の通名。大体、日本人を人として見ていなかった。つまり、徳川幕府さんの裏の仕切り屋が見えてくるでしょ。

https://www.sankei.com/life/news/200207/lif2002070069-n1.html
入港拒否で行き場失うクルーズ船「ウエステルダム」 政府対応焦点に

『米シアトルにあるウエステルダムの運航会社「ホーランドアメリカライン」』なるクルーズ船は入港禁止なのです。

みんなシナリオに則って行動してるんだよね。

ここ日本もなぜか「Japan」という。マルコポーロの東方見聞録で使われているということは、中国ではその当時「日本」を「ジパング」と発音していたと推測してしまうが、そうであろうか?それはないだろうよ。ちなみに、今現在は「リーペン」と読む。

本来、ここは「ヒノモト」の国、はるか昔に「ヤマト」だ、「ワ」だ、いろいろ呼ばれたが、漢字で「日本」と書くようにさせてからは、「ニホン」「ニッポン」に変化、定着。ここ日本の本来の文化、風習と同じようにうまいこと変えられたのである。ウソを真実と思うようにさせられたのである。
https://twitter.com/honest_kuroki/status/1187357887552638976
上記の書き込みの史料から、単純にこの国の本当の名前は「倭」、「ヤマト」などと思い込んでは思う壺なんですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント