歴史好きの気まぐれメッセージ

アクセスカウンタ

zoom RSS スイスの農業化学大手シンジェンタ(Syngenta)が・・・

<<   作成日時 : 2017/06/24 16:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

AFPは「スイスの農業化学大手シンジェンタ(Syngenta)が中国への輸出が認められていない遺伝子組み換え作物(GMO)のトウモロコシの種子を販売したとして、米連邦裁判所は23日、同社に対しカンザス(Kansas)州の農家7000世帯に計2億1770億ドル(約242億2000万円)の賠償金を支払うよう命じた。」と報じた。
つい最近、中国の国有化学大手、中国化工集団によるシンジェンタ(農薬世界最大手、スイス)の買収がスイスのニュースで報じられたばかりですよ。シンジェンタのミシェル・ドマレ会長は「中国政府のパートナーとなって中国の農業の現代化の原動力となり、大きな成長が見込まれる」と英経済紙ファイナンシャル・タイムズに話したんですから。
ところが今回の訴訟ニュース。しかも、今回の裁判はシンジェンタに対する訴訟8件のうちの1件でしかないという。驚きますよね。まるで東芝問題のようですね。

さて、シンジェンタの買収は、グローバルな農薬・種子産業の構図を一変させつつある三つの巨大合併の一つです。残りの二つは、ダウ・ケミカルとデュポンの1470億ドルの合併と、バイエルによる660億ドルのモンサント買収です。GMO反対の声は世界中で広がっているのになんですかねー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スイスの農業化学大手シンジェンタ(Syngenta)が・・・ 歴史好きの気まぐれメッセージ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる